FC2ブログ

いっぱい抱きしめて

 彼女を口と指でいっぱい愛して

そして、そろそろ挿れようかと思ったら、
彼女が「ダメ、ダメ!」
体も逃げて、本当に抵抗しているようでしたので、
「どうしたの?」と聞いたら
「やっぱりダメ。ここまで…」
俺は、「え、ここまでしておいて?w」

でも、嫌がる女性を無理矢理はできません。

挿入は諦めて、彼女を優しく抱きました。
背中、腕、方を撫でながら、おでこやほっぺにキスをしました。

唇へのキスは、まだ固い感じがしました。

彼女「やっぱり、ダメ。ホントはこんな風に(セックスをする)なるなんて思わなかった。」

俺「あのね、男とホテル来ておいたら、されても文句言えないと思うよ」
 「俺だから良かったけど、絶対に他の男とは来ちゃダメだよ」
彼女「女の扱い馴れすぎだから、こうなったんじゃない!」

そんな風で、結局抱き合いながら一緒に過ごしました。
ホントに最後までしないでいたら、彼女安心したのか
すごく甘えてくっついて来るようになって。
自分から、キスをしてくるようになって。
お互いに舌を絡ませてキスをして、
俺が寝返りうって背中を向けても絶対に離れようとしませんでした。
20160925184759302.jpg
一緒にお風呂も入って、まったり過ごし。
その間に、何度も彼女の体中を愛してあげて。
まだ、イクとかわからないみたいだし
手マンも激しいのは、まだまだなれないみたいだから
今日は優しく、優しく、体中を愛してあげました。

でも、やっぱり最後まではダメ(笑)
俺のカチカチを触って、「ごめんね」って言っていました(笑)

もう夕方になり、さあ帰ろうかとしても
彼女のほうが離れてくれませんでした。

帰りは、ソースかつ丼を食べて帰ってね。と言われ
ソースカツ丼を食べて帰りました。

最後まではできなかったけど
可愛すぎて、幸せな時間を過ごせました。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ホテルに入って…

彼女はとても小顔です。
身長は167cmで体重46kg
とてもスタイルがいいと思いました。
8頭身らしいです。足が長いw(^^)


恥ずかしがってこっちを見ないので、
強引かもしれませんが、お姫様抱っこしてベットに連れていきました。
恥ずかしいのなら、見えないほうがいいだろうと思い
布団の中に体をいれて抱き寄せました。

あとで、お姫様抱っこをされたことを
「あんなに軽々と持ち上げるなんて」と言っていました。
俺は慎重180cmの体重82kgで、胸囲104cmです。ごつい体しています。
彼女は、大きな体大好きだと言います。

キスをします。彼女の唇は緊張からか、固く閉ざします。
緊張ではなく、覚悟ができていない、もしくは気持ちが開いていない感じです。
首筋、胸元へと唇を移動します。
敏感な彼女は、直ぐに声が漏れます。可愛いです。(^^)
大きくない胸ですが、きれいで可愛い乳首が現れます。
もう乳首は固くなっていました。

服を脱がしていきます。
俺も脱いで、彼女を抱きしめます。

彼女のズボンに手をかけ、下半身を脱がそうとすると
彼女は少し抵抗を見せました。
やはり、覚悟が決まっていない。そういうことです。
普通、体や快感を求める女性は自分から脱ぎたがるので、こういう抵抗はしません。
彼女は彼氏としかセックスをしたことが無いので、
彼氏でも無い俺に抱かれるのは抵抗があるはずです。

パンツを脱がされないようにしている手をどけて、
ちょっと強引に脱がしました。

もう、びっくりするほど濡れています。
「もう、早く脱がないと、下着がビチョビチョじゃないか(笑)」
彼女は喘ぎ超えを出しながら、
「もう、女性の扱い馴れすぎw」
なんて言いました。
どうも、彼女はベットで裸で抱き合うなんて、なると思っていなかったようです。
そうなりそうでも抵抗するつもりでいたようでした。

自らホテルに来ておいてなに言ってんだよって思いますw

彼女の一番敏感なところを、優しく指と口で愛してあげました。

プロフィール

072yamerarenai

Author:072yamerarenai
出会い系で彼女を探そうと奮闘しているうちに
セフレがたくさんできてしまった44才おっさんです
最初はうまく出会えませんでした。
でもコツを掴んだら直メの確率がアップ!
同じように出合い系頑張ってる人絡んでもらえると嬉しいです。

訪問ありがとうございます

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム